日 付:平成29年6月14日
施 主:東京都主体(中野区、西武鉄道)
施 工:清水・熊谷・鴻池・竹中土木建設共同企業体
工事名:西武新宿線中井~野方駅間連続立体事業土木工事第3工区
製 品:ガイドウォール 800×500×3000 50個

工場保管状況
DSCN0632
施工状況 使用重機の関係から1個あたりの重量を3t以下で計画しました。
DSCN0656
施工状況 作業が終わると再利用するためシャックルはステンレスを採用しました。
DSCN0657
上部にH鋼を乗せ蓋をしていきます。
DSCN0670
本工事は、東京都が事業主体となり、中野区と西武鉄道が連携して、
西武鉄道新宿線の中井駅付近から野方駅付近までの約2.4Kmについて
鉄道を地下化し、道路と鉄道を連続的に立体交差化するものです。
今回は現場打ち変更でガイドウォールを提案採用されました。
プレキャスト化により現場省力化をこれからも提案してまいります。
現場打ち変更がございましたら、是非一声おかけください。